2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

My flickr

お知らせ

  • 掲載写真の御利用に関してー
    写真の無断転載を禁じます。 利用を御希望される方は、bears3satsuei@gmail.comへ御連絡下さい。
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月30日 (金)

2010 八坂祭礼 土浦祇園祭りの撮影

猛暑の中、「2010 八坂祭礼 土浦祇園祭り」の取材と撮影に行ってまいりました

土浦八坂神社の氏子町の以下19町が、4つの当番町に分かれ、毎年、持ち回りで山車巡幸と祭りを執り行います。
2010年は、城北町・東崎町・川口町・大和町により執り行われました。

【1】桜町一丁目・桜町二丁目・桜町三丁目・桜町四丁目
【2】千束町・文京町・生田町・田中一・二・三丁目
【3】大町・大手町・中央一丁目・中央二丁目・立田町
【4】城北町・東崎町・川口町・大和町

見どころの1つである八坂神社大神輿と山車・獅子との競演は、24日の19:00から駅前広場で始まり、人々の熱気で身動きできない程の賑わいー太鼓の音に日本の夏を実感しました!

4th_th_img_5724

2th_th_img_5511

6th_th_img_5596b

5th_th_img_4510

10th_th_img_5077a

11th_th_img_5118

7th_img_5059

12th_th_img_5150a

13th_img_5259

14th_th_img_5224b

15th_th_img_5362

2010年7月26日 (月)

阿見町「ブルーベリーみやもと」さんの完熟ブルーベリー

阿見町の「ブルーベリーみやもと」さんの取材撮影にお伺いいたしました。
早朝にブルーベリー摘みをされるということで、6時半頃からの撮影。
広い敷地に10年程の立派なブルーベリーの樹々が目の前に広がります。
勧められていただいた白く粉を吹いたような完熟の摘みたてブルーベリー。
甘くてほんのり酸っぱい…yummy(o^-^o)
フレッシュなビタミン類が、毎日、紫外線の直撃にさらされている乾いた身体にスーと浸透してゆくようです。
(目に良いアントシアニンの他、ビタミンA、ビタミンEが豊富。ポリフェノールが豊富に入っているため、抗酸化力が強いと言われていますヨ。)

「ブルーベリー狩り」は、6月下旬から8月下旬まで、他よりも比較的長い期間楽しめます。
詳細は、下記へ。

阿見町大形608-1
電話番号:090-2936-6707(宮本様)
営業時間:午前10時~午後6時
営業日:6月下旬~8月下旬の収穫時期のみ
料金:大人500円、小人300円

http://www.town.ami.ibaraki.jp/kakuka/seikatsusangyo-bu/shokokankoka/taiken_kanko/shisetu_shosai-03.htm

Th_img_3290b

Th_img_4808a

Img_3343b

Img_4714b

2010年7月16日 (金)

チェコの写真家展「暗がりのあかり」へ行ってきました。

最近、少し気分がDullい…いきなり、すみません。
ここ県南地域の天候もイマイチ冴えず、まだまだ、写真撮影のお仕事をたくさんさせていただいておりますが、写真以外の仕事も忙しくなり(今年4月より取材文も書く事になり)、自宅でのお仕事も多くなりました。
ジブンの写真が、マンネリ化してきたようで、ブログに写真をUPする気分になれず…。

☟そんな折、銀座でなにげに立ち寄ったチェコの写真家の展覧会「暗がりのあかり」。

http://www.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/

今回紹介されているチェコの写真家は、作家としてのアーティストの面を前面に出してきますね。

良い刺激になりました

2010年7月 8日 (木)

愛宕神社の素晴らしき木彫

先日、龍ケ崎市の愛宕神社を撮影してきました。
アジサイの名所ということで、取材にいったのですが、アジサイより感動したのが以下の写真です。

龍ケ崎市根町の高台にある愛宕神社は、寛永18年(1641)、時の領主・伊達陸奥守忠宗(正宗の子)によって創建されたそうです。

宝永5年(1708)に、現在の表6尺・奥行き6尺5寸の総檜造り社殿が再建されました。
社殿には、日光の東照宮において活躍した左甚五郎が彫ったとされる彫刻が施されています。
ただし、根町と東照宮の彫刻が同時期に施されたとも言われており、現在のところ歴史的な確証は得られておりません。(いったい誰なのかとっても気になります)

個人的な印象としては、馬や人物の表情にどこか西洋的な形状が感じられます。
また空間の認識が日本の伝統のものではないようにも感じられます。
どうにもこうにも気になるので、日本史の弱い私も伊達家と西洋の関わりを調べてみました。
その結果…ありました!ローマとの関わりが!

以下、伊達政宗-Wikipediaから抜粋。
<政宗は幕府転覆を図るために、使者をローマ(帝国)に派遣した(慶長遣欧使節)>とあります。
ナント、ローマ帝国と軍事同盟をもくろんだ!!
<使者である支倉常長はローマ教皇にも謁見した。この時代の日本人がローマ教皇に謁見した史実は、日本の外交史の中で特筆される実績であり、今でもスペインのコリア・デル・リオには現地に留まった仙台藩士の末裔が多数存在する。彼らは「日本」を意味する「ハポン」を姓として名乗っている>ともありました。

西洋とのこのような深い接点があったのなら、この作者(左甚五郎?)は、ローマから直接大きな影響を受けたということも考えられます…どおでしょうか?

このミステリアスな作者について、もう少し知りたいものです。
どなたかご専門の詳しいお方、是非解明して下さいナ(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

Th_th_img_2847b

Th_th_img_2857a

Th_th_img_2846a

Th_th_img_2876bc

Th_th_img_2885a

Th_th_img_2945

2010年7月 1日 (木)

長禅寺の紫陽花

取手市の紫陽花の名所として知られている長禅寺へ撮影に出かけましたが、狙っていたアングルで、紫陽花に充分な色が出ておらず、ちょっと残念な想い!

雨が振り出したため、機材が心配で早めに撮影を切り上げてしまいましたが、
駅近くの喧噪を忘れる位、しっとりと紫陽花が似合う寺でした。

Th_th_img_2698a

Th_th_img_2708a

Th_th_img_2754a

古武道(柳生心眼流兵法)を始めました。

最近、筑波山の麓にある道場で、鈍った身体に活を入れる為に古武道を始めました。
色々な流派があるそうです。

こちらは、宮城県の無形文化財に指定されている「柳生心眼流兵法」といいます。
戦国時代の武道の為、実践的かつ無駄のない動きが特徴です。
(^-^;知らずに飛び込んでしまいでしたが、型の意味が少しずつ理解できてきて、楽しくなっている今日この頃です!

不思議な動きをします。
型ができれば、かなり強くなりそうです!

興味のある方は↓へ連絡して下さいネ。


茨城県つくば市栗原 西公民館運動室
TXつくば駅よりバスで西公民館下車すぐ。
金曜日の夜と土曜日の午前のクラス。
TEL:090-5358-9745
またはtuyumya@yahoo.co.jp
<兼徳会>

師匠です↓
Copy

2

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »