2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

My flickr

お知らせ

  • 掲載写真の御利用に関してー
    写真の無断転載を禁じます。 利用を御希望される方は、bears3satsuei@gmail.comへ御連絡下さい。
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009年12月28日 (月)

潮来ホテルの撮影

今日は、仕事納め。
無事に水戸の三の丸庁舎にある仕事先に納品を済ませました。

本日は、今年最後となりました先週末の撮影の一部をUP致します。
潮来ホテルさんからの撮影データ補充依頼で夕方から夜間の撮影です。

潮来市といえば、「潮来花嫁さんは舟でゆく…♪」の歌で親しまれる嫁入り舟など、よく知られています。
今でも行われているようですが、情緒があって素敵ですね。
詳細は、各ホテルにてご確認下さいね。

こちらのホテルは、結婚イベントに加えて、(大・中・小/写真下2点は、中・小の宴会場)と多目的に対応可能な宴会場や利根川に浮かぶホテル専用の船が見える眺めの良いティーラウンジとロビー、カラオケスタジオ等の娯楽施設などが魅力です。

Th__mg_1873c_2

Th__mg_1867d_2

Th__mg_1863d

Th__mg_1876d

Th__mg_1879c

Th__mg_1885d

明日からの写真は、仕事から離れて自由テーマ。
でも、新年を気持ちよく迎えるため、しばし、おウチの事に専念する予定です。
大掃除、年賀状、買物と年内はまだまだ大忙し!
※最近素敵な恋人ができて、カラーライフな大学3年の息子も戻ってきます。
(^-^;久々にガッツリ肉料理に腕を振るえます!

それでは、皆様よいお年を〜♡

2009年12月25日 (金)

鹿嶋ハイツスポーツプラザの撮影

此処は、東京ドームが6個分入るという広大な敷地の鹿嶋ハイツスポーツプラザ(鹿嶋市田野辺)。
テニス、サッカー、ラグビー…などなどスポーツ系のイベントが活発で、それらのコートや体育館、合宿施設が大変充実している。

昨日は、一般の方々の為の宿泊施設の撮影に伺ったが、新たに、スポーツ系施設のWebページも作成することになり、その為の撮影に再度伺うことになる。

早速、今週末に高校サッカーの試合が行なわれるそうで、掲載するイメージ写真の撮影依頼をいただいたが、残念ながら週末は無理かも…。

1/1000秒位のシャッター速度設定で撮ることになるから、快晴でないとダメデスネ。
天気予報では、時々雨となっています。

Th__mg_1902

Th__mg_2001b_2

Th__mg_2005a_copy

Th__mg_1994

Th__mg_1949d

Th__mg_1991

Th__mg_1989

Th__mg_1940b

2009年12月24日 (木)

Merry Christmas♡ 

Img_4827_2

2009年12月18日 (金)

牛久大仏、こんなところからも、見えました。

納品前は、かなり体力を消耗します。
本日は、代休でしっかりと充電できて

一息ついたところで、先週の土曜日に撮影した「霞ヶ浦の帆引き船」から、この土地のシンボリックなシーンが1枚出て来たので、UPします。
背景に小さく写る人型の影は、牛久市の120mの高さを誇る牛久大仏です。
土浦港のマリーナから20分ほど乗船したラクスマリーナ号の2階から撮影しました。

Img_4049b_2


2009年12月16日 (水)

稲敷市の大杉神社

_mg_1671b

Th__mg_1694_4

_mg_1646b


1000年の歴史を誇る立派な神社ですが、県内より県外からの参拝者が多いとか。
2度の火災に遭い、江戸時代の様子をイメージして現在も一部再建中。
更に華やかになりそうです。

2009年12月13日 (日)

霞ヶ浦に浮かぶ冬の帆引き船2

「冬の帆引き船撮影会」今日が、本番の撮影です。
天候はー曇り。
風が、直前に何とか出てきましたので、目出たく帆が張りましたが…。

昨日と同じ時間、同じレンズとカメラでこの結果です。
全く異なるシーンとなりました。


Img_4244abc

2009年12月12日 (土)

霞ヶ浦に浮かぶ冬の帆引き船

今週末は、年に1度の「冬の帆引き船撮影会」というイベントが霞ヶ浦で開催されています。
ラッキーなことに、お仕事で明日の午後に予約を入れていただきましたが、予報では、明日の午後は曇りそうな気配。
天候条件で撮影結果が全く異なるため、天気に恵まれた本日の午後、取り敢えずプライベートということで行ってまいりました。

Img_4034b

Img_4000b

Img_4119b_2

帆引き船が2隻出て、静かな湖面に美しい光景です。
ところが、、です。
今日は、ほとんど風がなく、帆を上げることができないとのことでした…

不発に終わった本日の撮影ーイメージしていた画が撮れませんでした。
明日は、とびきりの撮影日になりますように

眺めのいいホテル

水平に伸びやかに広がる水郷の町「潮来」と日本百名山の一つである「筑波山」。
どちらも宿泊施設の大変多い観光地ですが、ホテル施設内からは、どのような景観が見えるのでしょうか?
最近、撮らせていただいた景観の素晴らしいホテルや旅館、露天風呂などの写真を、まとめてUP致します。
宿泊等の参考にしてくださいネ。


下3点/利根川沿いに揺れる「潮来富士屋ホテル」

Img_3858b
Th__mg_1294a_3
Th__mg_1337


下/こちらは、やはり利根川沿いにある「阿や免旅館」さんの眺めの良いお風呂
Th__mg_1214


下/筑波山「彩香の宿 一望」さんの露天風呂ー紅葉が素晴らしい。
Th__mg_0526


下/筑波山「つくばグランドホテル」さんの関東平野が一望できるパノラマビューと眺めの良い落ち着いた和室。
夜景も自慢です。
Th__mg_1101
Th__mg_1113


下/水郷国定公園内「石岡市石岡国民宿舎つくばね」さんの「日の出入り」が見える食堂。
週末は、バラ風呂が人気です(内風呂です)。
ちなみに年末年始は、既に満室だそうです。
Th_091121_2
Th_img_3546
Th_img_3558d


年末は、紅白なども忘れて、露天風呂でゆ〜っくりしたい!

2009年12月 8日 (火)

イーアスつくば「100本のクリスマスツリー」の撮影

091207_0036a

つくば市で毎年行っている市民参加型のイベント。
つくばと世界の子供たちの絵を元に市民が協力し合って100本のクリスマスツリーを作ります。
毎年、つくばの広場で開催しておりましたが、昨年からは研究学園の「イーアスつくば」で行われています。
手作りのクリスマスツリーは、微笑ましく、キラキラ輝いていてとても綺麗でした。
TBSさんも取材に来ていたそうです。
年々、このイベントは着実に育っています。
◀◀◀関心ののある方は、是非!
http://www.100-tree.com/

2009年12月 6日 (日)

シャトーカミヤの写真撮影

『シャトーカミヤは、1903(明治36)年に茨城県牛久市に開設した日本初の本格的ワイン醸造場。フランスに現存した醸造場をモデルに、ボルドー地方の技術を用いて、葡萄の栽培からワインの醸造・瓶詰めを一貫して行なっていました。
現在は、約6万平方メートルある敷地内に、当時の建物を活かした記念館やレストランを展開し、ワインの歴史を紹介するとともに“食の楽しさ”を提供し、年間60万人もの方が訪れます。
2008年6月に国の重要文化財に指定されたほか、2007年11月には経済産業省より「近代化産業遺産」にも認定され、その価値が広く認められています。』

以上、合同酒精株式会社シャトーカミヤさんのHPからの引用です。


歴史ある美しい建物とワイン文化を楽しむ事ができる場。
雰囲気の素敵なレストラン、カフェ、ワインセラー、記念館などがあり、どこを切り取っても絵になります。
どのお店も食を堪能できそう!
今度は、家族や友人達と共にワインでゆっくり過ごしたい。

Th__mg_0973a_7
正門前の美しい建物は、昨年、国の重要文化財に指定された旧醸造場施設3棟の1つ。事務室として活用されている。

以下、代表的な施設。

Th__mg_0980a レストラン[キャノン]
Th__mg_0992a 日本料理[富貴洞]
Th__mg_1001a ラ・テラス・ドゥ・オエノン
Th__mg_1008a バーベキューガーデン店内
Th__mg_1028 ワインセラー&スーベニアショップ
Th_img_3854a 記念館展示室内

2009年12月 2日 (水)

青銅で世界一大きな牛久大仏

_mg_0887b_3 

Img_3731b

Img_3744b

今日は、豊作村と牛久大仏を撮影しました。
上3点は、牛久大仏にて。
青銅でこれだけの大きさにするには、高度な技術が必要との事。
青銅製立像でギネス入り。
高さ120mの大仏様です。

春には、大仏様の足下に色とりどりの花が咲き乱れます。

背後には、小動物とのふれあい広場があり、リスやウサギが可愛かった。

もう1件は、人の出入りが多く写り込んでしまい、一部を明日撮り直し。
どの撮影も、朝一でないと難しい!

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »