2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

My flickr

お知らせ

  • 掲載写真の御利用に関してー
    写真の無断転載を禁じます。 利用を御希望される方は、bears3satsuei@gmail.comへ御連絡下さい。
無料ブログはココログ

« 筑波山の紅葉と夜景 | トップページ | 休日返上で、行ってきました! »

2009年11月19日 (木)

日本の原風景 とは

Img_3354ab Img_3336ab

Img_3273b

昨日は、写真撮影で「石岡府中杉細工」の福田弘さんをお訪ねした。
福田さんの制作におけるこだわりは、地場産の府中杉等を使用して日本の原風景を表現すること。

色々なテーマで創っていらっしゃるが、水車を創られる方は、もう全国では福田さん以外にはいらっしゃらないかもしれない。
(ただし、今の時期は門松を制作しておられます。とても明るくて可愛いですね!)

福田さんの工房がある細い旧道は、海運で栄えた高浜の船着き場までほど近く繋がっている。

石岡は、古くから酒造や味噌、醤油が盛んで、霞ヶ浦入江の高浜船着き場からこれらの多くの物資が江戸へ運ばれた。
そのため、桶や樽の需要が広がり、豊富な地場産の府中杉や桐や竹などを使用した工芸の技が、じっくりと育くまれたのだ。

今回で、工芸品の撮影は終了するが、職人の方々から、物作りの原点をお教えいただいた。
後継者が、なかなか育たないという現実があるが、なんとか頑張っていただいて、次世代へ継承していただきたい。
これらは、まさに私たち日本人の原風景であるから。

« 筑波山の紅葉と夜景 | トップページ | 休日返上で、行ってきました! »

写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。